素敵な前撮り写真の活用法をお教えします!結婚式をもっと素敵に彩ろう

結婚式の思い出を残すために、多くのカップルが前撮り写真の撮影をしています。普段はなかなか着る機会のない素敵な衣装に身を包んでプロに撮ってもらう写真は、特別感が満載。そんな記念にもなる前撮り写真ですが、活用法がいまいちわからず困っているカップルも多いでしょう。そこで今回は、前撮り写真をしっかりと活かせるアイデアをご紹介します!前撮り写真の基本的な知識も一緒にお届けするので、結婚式準備に役立ててみてください。

前撮り写真ってどんなもの?

前撮り写真は、結婚式当日とは別の日にドレスなどの衣装を身にまとって写真撮影することを指します。結婚式当日に着る衣装を着るカップルもいれば、前撮り専用の衣装を用意するケースもあり、予算や希望に応じてそのスタイルは実にさまざま。撮影した前撮り写真は、まとめてアルバムにするのが定番の活用術です。

結婚式当日は、新郎新婦はゲストをおもてなしするため大忙し!なかなかゆっくりと記念になる写真を撮影する時間はありません。そのため、別の日に計画して撮影をしておくことで、ゆっくりと素敵な写真を残すことができます。また、希望すれば結婚式当日には着られない衣装を身にまとうことができるのも魅力のひとつです。

前撮り写真のバリエーション

前撮り写真には、いくつかバリエーションがあります。どんな種類があるのか、代表的なものをご紹介しましょう。

スタジオ撮影

室内に完備されたスタジオで撮影を行います。照明や背景など、専門的な設備が整っているため、本格的な写真が撮れるのがメリットです。また、天候を気にすることなく撮影ができるため日程に左右されにくく、忙しいカップルにも選ばれています。寝転んだポーズや和装での正座など、スタジオだからこそできるポージングも豊富です。直接スタジオに出向くので費用は比較的リーズナブル。10万円以下で済むケースもあるようです。

結婚式場での撮影

結婚式を行う会場で撮影するパターンもあります。当日は忙しくてなかなかじっくりとポージングしながら撮影することが難しいので、前もって撮影日を設けておくのが定番です。結婚式場での写真撮影は、挙式当日の雰囲気のまま素敵なアルバムを作ることができます。また、おしゃれなインテリアや家具がそろっている会場が多いので、フォトジェニックな写真が撮りやすい点もメリットです。費用は10万円前後で、衣装の数や会場によっても異なるので、プランをしっかりチェックしてみてくださいね。

ロケーション撮影

ロケーション撮影とは、公園などの野外で行う撮影のこと。2人で初めて訪れた場所や思い出深い場所などに直接出向くので、オリジナリティ満載の写真が撮れるのが魅力です。天候に左右されがちなのが難点ですが、自然の光を利用して撮影する場合が多いので、ナチュラルで優しい雰囲気を演出できます。移動の費用がプラスされるので10万円以上必要なケースが多く、スタジオ撮影などに比べると費用がかかる傾向があります。

前撮り写真の活用法はこんなにたくさん!

素敵な前撮り写真をどうすればいいのか困っているカップルへ、結婚式の記念写真ともいえる前撮り写真の具体的な活用法をご紹介しましょう。

ウェルカムボードに活用できる

\写真入りフォトウエルカムボード/1ショットシルバー(A2サイズ)

まずおすすめなのが、前撮り写真をウェルカムボードにすること!2人の特別感あふれる写真をウェルカムボードにすることで、会場がより華やかになります。あえて写真の明度を落としたりモノクロにしたりして、海外風のデザインに仕上げるのもおすすめの方法です。ボード全体に1枚の写真をドーンと印刷したアイテムがあるほか、何枚かの写真を組み合わせて1つのウェルカムボードを完成させるなど、多くのアイデアがあります!

写真入りウェルカムボードを全部見る

プロフィールブックを素敵に彩る

プロフィールブックメリンダ

ゲストに新郎新婦のことをもっとよく知ってもらうためのプロフィールブック。より楽しんで見てもらえるように、前撮り写真を組みこむのもおすすめの活用法です。文字だけのプロフィールブックよりも、写真付きのほうが見やすく華やかに仕上がります。また、プロが撮影した前撮り写真を活用することで、簡単にクオリティーの高いプロフィールブックが完成するのも嬉しいポイント!

プロフィールブック全部見る

両親へのギフトにもピッタリ

花時計フォトフレーム付贈呈品

前撮り写真は、結婚式の素敵な思い出がギュッと詰まったアイテムです。そのため、両親へ感謝の気持ちを伝えるためのギフトに活用するカップルも多くいます。実用的な時計や、感謝状といった、両親へのギフトに前撮り写真を添えて、特別感を演出してみてくださいね。両親だけでなく、もちろん祖父母へのギフトにも使うことができますよ。

招待状やプチギフトに添えるのもアリ

結婚式の日時や会場などをゲストに伝える招待状に、前撮り写真を添えるのも素敵な活用法です。ちょっぴり小さめの用紙に印刷して、招待状のなかに一緒に忍ばせてみてくださいね。

また、前撮り写真はプチギフトに活用することもできます。瓶のラベルにしたりタグとして使ったりと、アイデア次第でさまざまなものに活用できるので、市販のアイテムにアレンジをプラスしたいときにもピッタリです。

年賀状や結婚報告のハガキに

前撮り写真は、結婚式終了後にも活用法が満載です。年賀状にしたり、結婚式に来られなかったゲストなどに向けて、結婚報告のハガキにしたりすることもできます。プロが撮影しているので、まるでポストカードのような本格的な仕上がりが期待できるのも、メリットのひとつです。データをハガキに印刷するだけで簡単にできるのも嬉しいポイント!

新居のインテリアとしても◎

ムードたっぷりの前撮り写真は、インテリアに変身させることもできます。シンプルに写真フレームに入れて飾るのはもちろん、写真を大きく引き伸ばして額縁に入れれば、まるで絵画のようなインテリアに早変わり!新居に飾って、大切な思い出をいつまでも肌で感じられるように活用するのも素敵ですね♡

前撮り写真を素敵に活用しよう

ドレスやタキシードを身にまとった特別感満載の前撮り写真は、アルバムにするだけではもったいない!せっかくの素敵な姿を、もっと活用しない手はありません。結婚式に欠かせない、ウェルカムボードやプロフィールブックといったペーパーアイテムに活用するのはもちろん、ギフトやインテリアに変身させることもできます。結婚式の特別な思いがギュッと詰まった前撮り写真を、思いおもいの方法でしっかり活用してくださいね♡

weddingmart

weddingmart編集部

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事