新型コロナは不安…、だけど結婚式は延期しない!と決めた方へ、できる工夫や準備を考えよう!

214328770

新型コロナの影響で、結婚式をそのまま行うか、延期するか、中止するか、つらい選択を迫られている新郎新婦さんの気持ちを思うと胸が締め付けられる思いです。そんな中、「結婚式は延期せずに、そのまま予定通り決行する!」と決められた新郎新婦さんもいらっしゃることと思います。結婚式を予定通り行うと決めるまでには、色々悩んだり葛藤したり複雑な思いを抱えながら答えを出されたことと思います。そんな方へ、主役である自分達やお招きするゲストの不安を少しでも解消できるような工夫や準備を一緒に考えてみましょう。

321192052

 

開催するにあたり、どんなことができるのか?

3つの密(密閉・密集・密接)を避けること

毎日メディアで言われているのが、「3密を避ける」というもの。
 icon-check-square 換気の悪い密閉空間
 icon-check-square 多数が集まる密集場所
 icon-check-square 間近で会話や発生をする密接場所
以上の三つが重なることを避けるようにすることを推奨されています。(参考:新型コロナウイルス感染症の対応について(内閣官房)

317952267

ただ、結婚式会場によっては、こちらの3密が重なるような状況があるかもしれません。それなら、これから結婚式を予定している方は、どのような工夫や準備ができるでしょうか?

 

会場の設営や環境に工夫をしてみる

お二人が結婚式や披露宴を行う会場を今一度良く確認してみてください。例えば、以下のような工夫はできませんか?

広い会場に変更して、テーブルやゲストの感覚を広げる

可能であれば、予定しているゲスト人数に対して広めの会場(100名入るキャパのところに60~70名など)に変えて、空間的に余裕を持たせることによって、ゲストテーブル配置の感覚を広めに取れたり、ひとつのテーブルに座る人数を減らせたりすることができます。

119799093

窓がある会場なら、開放して披露宴を行う

普段は開放していない場合も、今回は常時換気のためにオープンしておくアイデアです。ガーデンやプールなど、屋外施設が備わっている会場なら、屋外での演出を増やす手も。

330020474

ガーデンウェディング(アウトドアウェディング)のスタイルに変更する

ガーデン挙式やガーデンウェディングなど、屋外メインの挙式スタイルに変更する手も。屋外だと、天気に影響されやすいのも事実なので、換気の良い全天候型の設備が整っている場所ならベストです。

94070383

などなど、他にもやり方はあるかと思います。会場によっては、なかなか難しいこともあるかもしれませんが、「3密の状態」にならないような工夫を設営の時点から考えてみることも必要です。

 

ゲストへの心遣いを考えてみる

お祝いしたい気持ちはあるけれど、正直こんな状況なので新郎新婦さんも含め、ゲストの中には少し不安を感じている方もいらっしゃるかも。そんな不安を少しでも解消できるような心遣いを考えてみましょう。

237143768

出席の返事をもらっているゲストへ再度意思を確認してみる

残念ながら、日々新型コロナの状況が悪化しているという報道です。ゲストが返信ハガキを出した当時と比べると、状況やゲストの意思が変わっているかもしれません。出席のお返事をくださったゲストの方の中には、ご高齢の方や妊婦さん、小さいお子さんがいらっしゃる場合も。返信した後に、ゲストの方から「やっぱりコロナが気になるからやっぱり…」とは言いだしにくいもの。今回は状況が状況なので、出席でお返事を下さったゲスト全員に対して、再度出席or欠席のお返事を確認しておくのが安心です。なかには、プランナーさんが出欠の締め切りを少し長めに設定してくださる場合もあるようなので、気になる方は担当プランナーさんに相談してみて。

289026583

マスクを配布する

マスク自体がなかなか手に入りにくい状況ではありますので、準備するのも大変かと思いますが、ゲストも手持ちのマスクがない…という状況かもしれませんので、マスクを配布してもらえると安心ですね。

327695424

アルコール消毒を設置する

会場の入り口やトイレなど、ゲストが出入りする場所の入り口にアルコール消毒を設置しましょう。プチギフトとして、受付でアルコール消毒のハンドジェルやウェットティッシュなどをゲストに配ったという卒花さんもいらっしゃるようです。

330628259

飛沫対策を考える

結婚式では、マスクをずっとつけているのが難しいことも。そんな時に活用できそうな「フェイスシールド」や、フェイスシールド替わりにもなる「うちわ」などで、飛沫対策をするのも効果的。ちょっとしたおもてなしアイテムはゲストにも喜ばれそうです。

透明フェイスシールド
参考:席札としても使える クリア素材の「フェイスシールド」

予定していた演出を縮小する

大人数が長時間一緒に過ごさなくて済むように、当初の予定より披露宴自体の時間を短くするという方法や、ビュッフェ方式の食事は感染対策上良くないという報道もありますので、デザートビュッフェは無しにするなど、演出の時間や方法を見直すこともできます。お二人や家族にとって大切な結婚式なので、何もかも縮小すれば良いということは一概には言えません。ご両親も含め、お二人でどのような結婚式をするのが良いかしっかり話し合うことが必要です。

212421504

参加してくださるゲストには、お手紙やメール・SNSなどで、「こういう対策(マスクや消毒を準備)をしてお待ちしています」「不安のある方は遠慮なく教えてください」など当日の対策などを一言連絡しておくと安心されるかもしれません。こんな時だからこそ、通常時の結婚式以上にゲストを気にかけてあげる事が大切です。メールなどで連絡が難しいおじいちゃんおばあちゃんなどには、直接会ってお伝えするか、電話などできちんと説明してあげると安心ですね。

 

やると決めたからには、後悔の無いようにしっかり準備しよう!

新型コロナのことは心配だけど、結婚式をやる!と決めたからには、気持ちを前向きに切り替えて、できる限りの準備を整えて当日を迎えたいですよね。コロナ対策として、できる事が全くないわけではありません。できる事をしっかり準備して、ゲストに少しでも安心して楽しんで頂けるような工夫をして、当日をお迎えください。応援しています!!

242399720

こんなアイテムはいかが?おすすめアイテム

「日付なしタイプ」おしゃれ海外風パーティーウェルカムボード
created by Rinker
【日付なしタイプ】お写真入り子育て感謝状「ピュアブーケ」
created by Rinker
【日付なしタイプ】子育て感謝状「ピュアブーケ パピヨン」
created by Rinker
【感染防止対策アイテム】席札としても使える「フェイスシールド」
created by Rinker

Megu

ウェディングマート編集者

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事