こうなったら結婚式は出産後にしちゃう!?パパママ婚をした人の幸せエピソード

結婚式を挙げようとしていたものの、終息の目途が立たないコロナウイルスの影響で、式の延期を考え始めているカップルもいるのではないでしょうか。結婚式の延期に悩む理由はさまざまですが、そのひとつとして、妊娠・出産が挙げられるよう。そこで今回は、式の延期を悩むプレ花さんに向けて、パパママ婚をしたカップルの体験談をご紹介します。

式の延期も視野にあるけどイマイチ踏み切れない…その理由とは

まずは、結婚式の延期に悩むプレ花さんの話を聞いてみました。

子作りが先延ばしになりそうで悩んでいる

「30歳までに子供を産みたい、というのが昔からの夢でしたが、あと1年で30歳になるタイミング。子供は2人欲しく、1人目はなるべく早めに産みたいという希望があるのですが、結婚式を延期することで、子作りも先延ばしになっちゃいそうなのが心配なんです。」

結婚式を無事終えて新婚旅行、子作りという流れをイメージする人も多いかもしれませんね。しかし、不安を抱えたまま、無理に急いで結婚式を挙げず、夫婦でしっかり話し合い、先に子作りをしてから結婚式を挙げる、というのもひとつの考え方としてあり。終息して、ゲストみんなが安心できる状況で、心から祝福してもらえるといいですね。

すでに妊娠していて延期するといつできるかわからない

「わたしたちは授かり婚です。まだ、安定期前でお腹も目立ってきていないので今のうちに結婚式を挙げておきたいと思っていました。しかし、夫と結婚式の延期の話になってしまい、自分でも延期をした方が良いとわかってはいるものの、なかなか延期をする決意ができません。子どもが生まれて落ち着いたら…なんて言われますが、産後の体型のことも気になるし、初めての育児でいつ落ち着くかわからないし、不安です。」

妊娠が発覚して、今のうちに!と挙式をするカップルも意外と多いよう。子どもを産んだあとに式を挙げる時間や余裕ができるんだろうか…という不安もありますよね。またせっかくの晴れ舞台、美しくいたいけれど産後だと体型が変わってしまうかも…なんて悩みがある場合も。でも妊婦さんは、体のことを一番に考えることが大切。式場によっては、キッズスペースがあったり、ベビーシッターさんが在籍していたりするので、ゆっくりと打ち合わせをすることだってできます。それに、出産して結婚式を挙げるという目標があれば、逆に産後の体の引き締めにも力が入るかもしれません。今すぐ結婚式しないとと焦らず、産後に挙げる結婚式プランを、パートナーとじっくり話し合っていくのも楽しい時間になるかもしれませんよ。

パパやママになってからの結婚式というのもあり

結婚式の延期に踏み切れない理由はさまざまありますが、先ほどご紹介したように、多く挙がったのが、子作り・出産のタイミング。そこで、実際にパパママ婚をした夫婦のエピソードを聞いてみました。

結婚式を考えていた矢先に妊娠発覚!

「わたしたちは、結婚式をしようかと考えていた矢先に妊娠が発覚しました。お腹が目立ってくる前に結婚式を挙げておこうかとも考えたんですが、なかなかつわりが酷かったため、結婚式どころではない状態に…。結局、結婚式は延期して先に出産を迎えました。子どもの1歳の誕生日がちょうど日曜日だったこともあり、子どもの誕生日に私たちの結婚式を挙げることに。ウエディングケーキの代わりに子どものバースデーケーキを用意してもらい、ロウソクの火を家族で消しました♡わたしたちの結婚と、子どもの誕生日を多くの人に祝ってもらえてとても良かったと思っています。」

子どもがいたら、結婚式の準備が大変そう、スムーズに進行できなそう、などと不安要素もあるかもしれませんね。でも、子どもの誕生日に合わせて式を挙げるなど、子どもと一緒に祝う場にすることで、より思い出に残る1日にできるというのはパパママ婚ならではの魅力と言えるでしょう。式場によっては、ベビーシッターさんと契約している場合もあるので、子どもが小さい場合であっても披露宴や式のプログラムに合わせて、プロにお世話をお願いすることもできますよ。

あえて子どもが大きくなってから結婚式を挙げた

「わたしたちはもともと、子どもの記憶にも残るようにと、あえて子どもが大きくなってから結婚式しようと決めていたんです。子どもが8歳と10歳のとき、ちょうど結婚10年目を迎えたので、念願の結婚式を挙げました。子どもたちにベールガールをやってもらったり、わたしと同じようなウエディングドレスを着せたりできて、とても良い思い出になりました。」

子どもの思い出、家族の思い出のために子どもが大きくなってからの結婚式もいいかもしれませんね。結婚生活も長くなってくるとマンネリ化してしまい、結婚当時の初々しさも忘れてしまいがち。改めてこれからもよろしくね、という意味を込めて、結婚〇年目の挙式、というのもありでしょう。子どものうちに結婚式を体験できるなんて、そうそうないので、子どもにとっても一生の思い出になるのではないでしょうか。

子どもと一緒に挙げる結婚式!どんな演出をする?

パパママ婚を考えるカップルにおすすめしたい、子どもを含めた結婚式の演出もご紹介します☆参考にしてみてくださいね。

みんなからの注目の的☆リングキッズ

牧師さんに大切な指輪を届ける役目のリングキッズ。そのリングキッズを我が子にしてもらえば、とても感慨深いものになるでしょう。指輪を持ってバージンロードを歩いてくる我が子の姿に、思わずウルっと来ちゃうかも。ゲストからの注目の的にもなりますよ。

誓いのキスは子どもを中心に

式の最大の見せ場である誓いのキス。夫婦で永遠の愛を誓った後のキスは、子ども挟んで両サイドからパパとママがほっぺにチュウ♡会場内に、和やかで幸せな雰囲気が漂うこと間違いなしでしょう。

結婚証明書に子どもの名前も入れる

結婚証明書 木製レーザー刻印「フォレストブック」

参考:結婚証明書 木製レーザー刻印「フォレストブック」

夫婦の結婚を証明するための結婚証明書。ぜひ、パパとママの名前と一緒に子どもの名前も入れてあげましょう。形に残るものとしての思い出の品になりますよ。家族で足形や手形を押したオリジナルの結婚証明書なども素敵☆

木製レーザー刻印結婚証明書「フォレストブック」
created by Rinker

ゲストへのギフトのひとつに子どもの写真がプリントされているものを

【プチギフト手作り用】\お写真・お名前入り!/クラフトラッピングセット

参考:【プチギフト手作り用】\お写真・お名前入り!/クラフトラッピングセット

子どもが生まれて間もない、あまり周りに紹介できていないということであれば、ゲストへのギフトのひとつに子どもの写真入りのものをチョイスしてみてもよいかもしれません。写真と共に、誕生日や名前を入れて“はじめまして”の挨拶の気持ちを贈りましょう。

【プチギフト手作り用】クラフトラッピングセット
created by Rinker

パパママ婚は魅力がいっぱい♡唯一無二の幸せな結婚式を挙げよう

式の延期に悩んでいるカップルやプレ花さん。パパママ婚も視野に入れてみてはいかがでしょうか。子どもと一緒に挙げる結婚式も、幸せや魅力がいっぱいです。結婚式は一生に一度の晴れ舞台なので、パートナーとしっかり話し合い、2人が思うベストなタイミングで結婚式を挙げてくださいね♡

weddingmart

weddingmart編集部

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事