可能性∞!かつてないオリジナルSUMMER WEDDING♡

海へ、山へ…イベント目白押しの夏がやってきますね。そんな心躍る夏を結婚式の舞台に選んだ新郎新婦様、ぜひ今までにないようなSpecialな結婚式を挙げてみませんか?!

今、定番の「チャペルがあって、披露宴会場があって、控室があって…」といった一般的な『結婚式場』ではなく、何もない公園やグラウンド、牧場などでイチからオリジナルウェディングを創り上げるおふたりが増えてきているんです!

実はコレ、欧米では一般的なスタイルなのですが、日本ではまだまだ多くありません。

「今までにない結婚式にしたいな…」
「ゲスト全員で盛り上がるような式がいいな」
「フランクな雰囲気で楽しみたい!」
というおふたりには、とってもおすすめなオリジナルウェディング。その中でも、今回は夏にぴったりな2つのロケーションをご紹介したいと思います!

夏といえば…海!開放的な“ビーチウェディング”

夏といえば、誰もが思い浮かべる『海』。海が綺麗なリゾート地や、海辺の結婚式場も夏はとても人気です!もちろん、海が見えるチャペル…もとても素敵なのですが、せっかくなら、砂浜にふたりだけの挙式会場を創ってみませんか?

 

imasaka miharuさん(@nina_mariage)がシェアした投稿

流木にグリーン、華やかさを添えるホワイトリネンに、結婚証明書であるサーフボード。晴れ渡った青空と、真っ青な海をバックに誓いの言葉&kiss…♡

おふたりもゲストも大盛り上がりの笑顔溢れる素敵な時間だったそう。憧れのシチュエーションですよね!

そして、同じ流木とグリーンを使ったアーチでも、こちらはNaturalでとても優しい雰囲気…。通常の挙式会場とは違った開放的で温かい雰囲気なら、お子様もリラックスして過ごして頂けるかもしれません♡

挙式後のパーティーは、ビーチにテーブルや椅子を設営しても良いですが、風の関係もあり、なかなか難しい場合も。そんな時におすすめなのが、海の家です!

 

Luckさん(@luck8tsuchiya)がシェアした投稿

こちらは逗子海岸を舞台にされたWedding Party。海の家をデコレーションして使用されたそうですが、とっても素敵な会場に仕上がっていますよね!なにより、お写真からも楽しそうな雰囲気がとても伝わってきます。

このおふたりのように、ビーチウェディングでは様々なイベントで盛り上がることが出来るのも魅力のひとつ。例えば、すいか割り、ビーチフラッグ、ビーチバレーなど…ぜひ、ゲストと一緒になって楽しんで下さいね!

 

海より山派?”キャンプウェディング”

「私は海より山派!」という方は、山を舞台にしたキャンプウェディングはいかがでしょうか?ビーチウェディングと同じく、キャンプ場や牧場などを貸切ったウェディングもとっても素敵なんですよ♡

『キャンプ場や牧場で結婚式?!』と思われるかと思いますが、例えばこちらのように、シンボルツリーとなる素敵な木にリースとホワイトリネンを装飾すれば…なんと、素敵な挙式会場が完成するんです!

 

hana.hanaさん(@cielclair_hana)がシェアした投稿

バージンロードサイドに敷き詰められた、花びらもとっても素敵ですよね。

ちなみに、もっとキャンプらしい雰囲気で楽しみたい!という方は、このようなテントやカラフルなフラッグで装飾をされてみてはいかがでしょうか?

 

keiko tairaさん(@keik0taira)がシェアした投稿

一気に華やいだ雰囲気が完成します!例えば、テントごとに装飾テーマを変えても楽しいですし、「子供も大人も楽しめる“おもちゃのテント”」「お酒好きには堪らない“BARテント”」など、特殊なテントを創ってみてもいいかもしれません。

 

Mihoさん(@mhksk95)がシェアした投稿

また、もっと落ち着いた雰囲気がお好きな方は、今人気の『グランピング』のような高級感あるナイトウェディングはいかがでしょうか?

 

@meyou_weddingがシェアした投稿

夜の暗闇に浮かび上がる電飾たちが、とても素敵な雰囲気を創ってくれますよ。

 

ゲストへの配慮も忘れずに…

ゲストが「こんなの初めて!」と感じる結婚式は、逆に言うと「今まで経験がないから戸惑う…」という可能性もあるということ。だからこそ、ゲストへの配慮は忘れずに行いましょう。

例えば、ドレスコード。

リラックスした服装で過ごして貰いたいのなら、「男性は上着なしでOK」「キャンプに行くようなカジュアルな装いで…」など、おふたりが希望するカジュアルさを招待状などに明記して事前にお知らせしておきましょう。その方が、ゲストも服装に迷うことがないかもしれません。

また、ビーチウェディングであれば、受付でオリジナルのビーチサンダルや日焼け止めを配ったり、キャンプウェディングであれば、スニーカーや虫よけスプレーを配ったり…ゲストがより快適に過ごせるようなアイテムをおふたりからプレゼントしてみても素敵だと思います。

 

wedding+912 たもつ ゆかさん(@wedding.912)がシェアした投稿

 

 

実際にどこにお願いすればいい?!

では、実際にこのようなオリジナルウェディングを行いたい場合、どうすればいいのでしょうか?決まった式場を使わないオリジナルウェディングは、多くの場合がフリーのウェディングプランナーさんが担当している場合がほとんどです。

ご自身が希望される地域で活動しているフリーのウェディングプランナーさんを探してみるか、もしくは「ここでやりたい!」という場所があるのなら、今までそこで結婚式を行った実績があるかどうか調べ、その際に担当された方に問い合わせてみるといいかもしれません。

プランナーさんによって特徴や雰囲気が違ってくるので、ぜひInstagramなどSNSやWEBで自分の好みのプランナーさんを見つけて相談してみて下さいね。

いかがでしたでしょうか?オリジナルウェディングは、準備はとても大変ですが、可能性は無限大!ぜひ、一生に一度だからこそ、とことんこだわってみて下さいね♡

 

Megu

ウェディングマート編集者

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事